マスク生活が日常となった今、自宅から一歩出るだけでもマスクが欠かせない毎日になりましたよね。ただでさえ暑い真夏の炎天下でも、乾燥や刺激がいつも以上に気になる真冬も常にマスク。肌に何かが触れていたり、顔を覆われるのが苦手な私は参ってしまいそう。

http://www.festivalcinemadarte.com/

外出時は仕事中ももちろんマスク着用だから、必然的にメイクをした肌の上からマスクで覆う状態。そのせいなのか、ただ単にマスク生活へのストレスからなのか、マスクを外すと肌荒れやニキビがよくできるようになってしまいました。もともと敏感肌でもなく、あまり肌荒れする方ではなかったから大ショックです。

マスクを外す度に荒れていないか、新しいニキビができていないかチェックするのがすっかり日課に。頬骨の一番高い部分や顎周り、おでこ全体が以前に比べてよく荒れてしまいます。洗顔料や基礎化粧品を変えてみたり、肌荒れに効くパックを試したり。メイクも極力毛穴を塞いで肌に負担をかけないよう、下地クリームとルースパウダーで仕上げても、マスクの下はすぐテカテカになってしまいため息。

アラサーという年齢も肌トラブルに関係しているかもしれませんが、慢性化してしまったマスクの下の荒れやすい肌…どうすれば改善されるのか、もうしばらく解決策を探すのに時間がかかりそうです。