私には人生で一番ダイエットに燃えていた時期があります。それは宝塚受験をしていた頃!何せ「清く正しく美しく」がモットーの宝塚。面接では大声で身長と体重も叫ばなくてはいけないし、確か冒頭ではレオタードを着て試験官から360度じっくりスタイルを観察されるなんて時間もあったんです!(今じゃもう考えられないw)そんな過酷?な試験のため、受験生の誰もがダイエットに必死になっていました。

スラライン

当時私が実践していた、元タカラジェンヌ直伝ダイエット。

・18時までに晩御飯を終える

・基本的に間食は禁止

・どうしても甘いものが食べたくなったら朝に菓子パンやバナナを食べる

この3つです。数年間にわたりこれを守る生活をしていたかと思うと我ながら偉いと思います。何が一番大変かというと1つめの項目です。おそらく働く大人の女性には不可能な話ですよね!当時の私も夜までレッスンに明け暮れる毎日だったので厳守はできませんでしたができる限りがんばりました。というより、これに関しては母の努力です。私が頼み込んだので、晩御飯をとる時間が早くなり、必然的に他の家族も18時ダイエットをする羽目にw とっても迷惑だっただろうけど今では良い思い出です。

おかげで体重は3キロも減りましたが、同時に疲れやすくもなっていました。成長期が終わるか終わらないかの頃にダイエットに燃えるって、実は危険なことでもありますよね。レッスン中にフラーっとすることが何度かあったので(関係あるかどうかわかりませんが今でも生理不順なんです)、それからはお腹が空いていれば18時以降の食事も炭水化物を抜いてとっていました。あまりにもガリガリでは美しくいられないですし、何事も加減が大事だと悟りました。

ちなみに現在は特別体を動かすようなことも無くなって当時の体重プラス4キロにまで成長し、美しいかはさておき健康的な見た目にはなれたかな。両立ってなかなか難しいですね。