私は、実は医療従事者の端くれでして、医学には詳しいです。
ある医療系国家試験の全国公開模試で受験者が数千人の中で一桁台の順位をとったりもしていました。

医学を根拠にし、私の実体験を含めた最強のダイエット法を皆さんに伝授しようと思います。

http://www.stop-eet.info/

まずダイエットしたい人は、男女問わず多くの人が思っていることでしょう。
そもそも人間は、食べると太るようにDNAに刻み込まれています。
なぜか、それは、石器時代にマンモスや象、そのほかの小動物や魚を取って食べていた時代に遡ります。

その中で、彼らは、常に満足のいく食事を取ることができませんでした。そのため、取りすぎた栄養は、体に貯蓄しておく機能を必要としたのです。そうその貯蓄しておく機能が皆さんが憎んでいる脂肪です。
この体の仕組みは、ホルモンと血糖値の関係を見ると簡単にわかります。
体の中の血糖値を上げる働きをするホルモンは、アドレナリンや成長ホルモンやグルカゴンなど複数ありますが、体の中の血糖値を下げる働きをするホルモンは、ただインスリンのみです。

石器時代は、全然食事にありつけないので、仮に時々食べすぎたってインスリンだけで十分対応できますが、この飽食の時代、インスリンだけでは、対応しきれず、皆さん血糖が脂肪になって体にたくさん溜まっていくのです。

では、ここからが本題です。
どのように痩せればいいかですが、これは、タイプによります。
1、運動が好きな人
2、運動が嫌いな人

運動が好きな人は、簡単です。
運動してください。その中で、すぐ痩せれるコツをお伝えすると、筋肉をつけてください。
これである程度筋肉がつくとすぐ痩せることが可能です。
最も効果的なものが、HIITトレーニング ヒートと呼ばれるものです。
これはインターバルトレーニングなのですが、YouTubeなどに多々資料がありますので、ご覧ください。

そして、大変な人が
運動が嫌いな人です。
これは、正直言うと、厳しいです。
簡単には痩せません。しかし、医学的見地から言うと、毎朝、プロテインを取ってください。
朝、タンパク質を取ることで、その日の炭水化物や脂質を取りたいという欲求を抑えることができると最新の論文で発表されています。

私は、実は運動好きなので、プールと筋トレで半年のうちに15キロ落としました。