カテゴリー: スキンケア

恋愛成就のために

私は、今好きな人がいます。まだ交際していないのですが、絶対にこの恋愛を成就させたいと強く思っているので、スキンケアにとても力を入れています。いくつか美肌のために行っていることをご紹介します。

モイスポイント

1つ目は、早寝早起きです。夜更かしすると肌が荒れやすくなると聞いて、規則正しい睡眠を心がけています。ホルモンと深い関係があり、睡眠は肌の調子に大きな影響を与えることが、医学的に証明されているようです。なので、私は夜更かしをしないようにしています。時々、夜更かししたいと思うことはありますが、肌を綺麗にしたいので夜12時までには寝るようにしています。

2つ目は、毎日お風呂上がりにフェイスパックを付けることです。フェイスパックを使用し始めてから、肌が荒れにくくなりました。使用しているフェイスパックは、ルルルンです。ルルルンは30枚入りで1500円位なので、コスパ抜群です。ドラッグストアで購入できるので、おすすめです。

3つ目は、適度な運動です。私は、半年前からヨガを続けています。医学的にも、適度な運動は肌に良い影響を与えると言われています。なので、毎日体を動かすようにしています。運動することは、メンタルにも良い影響を与えると言われているので、それが美肌にも繋がっていると思います。

毎日のスキンケアも、恋愛を成就させるためなら頑張れます。

ニキビができているときのスキンケア方法がわからない

花粉の時期、いつもに増してアゴやおでこ、口まわりに大きなニキビがポツポツとできるようになりました。本当になぜきちんとスキンケアをしているのに、こんな大きいニキビ、吹き出物ができるのかが悩みです。

http://ippitsukan-column.com/

触ったらだめということは、重々承知しておりますが、気になり軽く触って見てみると下に根が張ってるような本当に大きなニキビです。わたしは、いつも化粧水→乳液→顔のマッサージをしているので、次にクリームを使ってマッサージして最後にアイクリームを塗って目の周りをハンドマッサージしてシワを伸ばすようにしたり、オロナインをニキビができているところに塗って終わりにしていたりします。

乾燥が酷すぎるときには、パック→乳液→クリーム→顔のマッサージ→オロナインをニキビができている箇所に塗り、終わりにしています。ニキビが出来ているときのスキンケアは、本当にこれで大丈夫なのか心配になることがあります。

ニキビができているときには、あまりマッサージをして擦りすぎないようにしないといけないのか、それともアイクリームとかあまり必要のないものを省いて必要最低限のスキンケアにしないといけないのかが、分かりません。そしてマスクをつけるようになってからは、ニキビがなおっては出来てしまうの繰り返しで悩んでいます。

やっぱりニキビが出来ているときは顔のマッサージもやめたほうがいいのか、今後調べてみたいと思います。

実は洗顔料が一杯うちにはあります

洗顔料を気をつけてます。原則的に洗顔料で肌の良し悪しというのは決まると個人的に思ってます。ですから、色々な栄養成分が入ってる洗顔料とか低刺激な洗顔料によって顔のケアというのをしているわけです。あんまり洗顔料としての効果が高すぎるものということになりますと脂を取りすぎてしまう可能性があるんですね。

MELLIFE(メリフ)の効果を徹底検証!話題のクレンジングバームの口コミ&評価!

よく落とせるのであればそれに越したことはないのではないかと思いがちですが、皮脂は皮脂で大事なものでもあります。ですから、熱いお湯でのすすぎとかも避けてますね。

常にこうするべきというのが洗顔に関する絶対的なやり方として存在していないというのが難しい点。つまりは、その時の状況もそうですし気候などにも合わせて洗顔のやり方を根本的に変えるというような時も重要になるわけです。

まさに美肌、美顔のためには洗顔の臨機応変な選択というのが必要になってくるわけですね。ただし基本的にはこうしようみたいなことは無くはないです。強力な洗顔剤は使わないとか基本的には紫外線などから顔を守るようにするとか顔に対する重要なポイントは結構共通している部分が多くあり、大抵の人には最適である、ということはあります。それをよく理解して実行するのが私の最近のジャスティスです。

首や頭皮のイボ

17歳の頃から、私はイボに悩まされました。よく、手のひらや首のイボの話は聞きますが、頭皮にもイボはできるそうです。頭皮にかさぶたが出来て、かさぶたが取れる、というのを何度も繰り返していて、いつになったら治るのかな?と悩んでいました。

http://www.lebelairhotels.com/

ある時に、形成外科で診てもらった所、これは老人性イボというものだと分かりました。液体窒素で焼いたら取れるそうなのですが、とても痛むことと、しばらく通院しなければならないため、その場での処置は諦めました。その時に首にあるイボも見てもらったのですが、それも老人性イボでした。

名前は老人とつくのに、30代から好発するイボだそうです。実際には年齢に関係がないものだそうです。どうやって防げばいいか医師に聞いた所、とにかく紫外線を浴びないように、帽子をかぶることと、外出時には必ず日焼け止めを塗ること、と言われました。紫外線は、3月から一気に強くなることと、曇りの日が紫外線が強いことも一緒に教えてもらいました。

それからは必ず帽子と、日焼け止めをかかさず塗っています。対策するようになってからは、新しいイボはできていません。早い段階で知っていたら良かったとも思っています。自分の周りの人には、イボ予防で日焼け止めと帽子をすすめています。

いつのまにか、こんなにそばかすが。

趣味が登山で休みの度に山に登っています。一人で登りに行ったとき、スマートフォンで自撮りしようとしたところ、自分のそばかすの多さに驚きました。
学生時代、部活も外で活動していたため、それなりにそばかすはありましたが、こんなにも増えているとは思いもしませんでした。いつも鏡で見ていてもなんとも思っていただけにショックでした。

http://hit-fc.com/

家に帰って早速、そばかすを失くす方法を調べました。残念ながら確実に消すためには、皮膚科で治療が必要との事。これ以上増やしたくないため、自分で出来ることから始めようと思いました。今、自分で出来ることは、そばかすが濃くなることを予防する。増えることを予防する。の2つ。
1、日焼け止めをこまめに塗る。
出かける前に化粧下地の変わりとして使っていましたが、登山中もこまめに塗りなおす。汗で落ちてしまうため、休憩の時に塗りなおしています。

2、美白クリームを塗る
化粧水を乳液のあと美白クリームも使用する。トリプルビタミン配合のクリームを毎日気になる箇所に塗っています。

3.サプリを飲む。
食事で補うのが理想ですが、なかなか難しいため、ビタミンのサプリも飲んでいます。
これ以上そばかすを増やしたくない。まずは出来る範囲で取り組み、今後は化粧品も徐々に予防できるものに変えていくつもりです。

まさかと思って試したラップ療法

最近、手の甲の肌が年齢を感じる肌になっていることに気付きました。

シワが出来て、なんとなくハリがなく、皮がたるんできたのかも!?

そう気づいたのは、撮った写真に映った自分の手を見たときのことでした。

気づいたときは、マンガかのような『ガーン!!』というショックがありました。いつの間に……ショック……。

それ以降、人前で手を見せることが恥ずかしくなってしまい、変にグーに握ったり、袖に少しおさめるようにしたり、手で指し示したりするようなときは手をなるべく動かして肌をしっかり見られることがないように…なんていう後ろ向き加減になっていました。

『うわ、ババアの手』って思われたくないだけの理由です。

そんな事が一年以上続いたあとで、たまたまテレビで見たのが、手のパーツのモデルさんの徹底したケア。

何より、本当に美しい手。芸術品のような肌。

もちろん、水仕事を素手でなんて絶対にせず、入浴、保湿、ケア、食生活に至るまで、大事な商品である自身の両手とその肌を大切にした生活を過ごされている、その実態を知りました。

わたしの手は商品になるようなものでは当然なく、水仕事は素手でやらないと逆に失敗しそうな性格。

でも、ひとつ参考にできる事がありました。

それは、ラップでの保湿。

手のひらと手の甲、指全体と手首まで、十分に水分補給して、クリームなどでしっかり保護。

そのあとで、ラップでくるんで長い時間過ごす。

スマホ触る時間は無理だけど、だらだら過ごしているかと間にこれなら出来るかも!!と思い、試しました。

ライスビギンの最安値通販は?

やろうとすると極端で、寝る前に保湿してラップして、そのまま寝てみることにしました。

寝てる間にがさがさしたり、たまにラップ外れてしまって巻き直ししたりもしましたが……

それでも、朝、外してみると、

特に、手のひら側はぱっと見、若干ふっくらして見えました!

よく見てみたら、きめが細かくなって少し肌が白くなったような感じです。

水分を閉じ込めているとちゃんとこんな感じになるんだなと、いつも何もしてこなかった自分に反省しました。

小さいことではありますが自信がなく後ろ向きになっていたことが少しだけ改善できて自分にちょっと自信を取り戻しただけで、心が晴れやかになるのも感じました。

まだまだがんばろう自分、がんばれるぞ自分。とも思いました。

寝ながらラップしつづけるのはもうさすがに厳しいですが、今後は夜の30分くらいの時間は顔だけでなくハンドケアも大切にしてがんばろうと思い、今は2か月ほど継続しています。もっと続けてみます!

みんなで目指そう、美肌への道!

この世は老いも若きも男も女も美肌、美肌!美肌??と、益々その重要度は高くなってきています。

ビマジオの最安値通販は?購入して使用した効果と口コミ体験談!

スマホアプリはもっぱら美肌に特化した物が多くなりました。またプリクラも然り。女性も男性もパックをしたり、洗顔料に凝ったりと、常により良い化粧水や乳液を求めてのジプシー生活です。毛穴を目立たなくさせるライフハックの記事を読んだり、ニベアが美肌に良いと聞けば、皆一丸となってニベアを買いに走りました。

目を大きくみせたり、鼻を高く見せる様に、美肌は七難隠すかの様に、美肌になる為に皆一心不乱により良い情報を求めているのです。

もはや人生賭けてのテーマです。メガネ吹きでの洗顔、鶯のフンでの洗顔、美容系YouTuberのおすすめの品、絶対的なコレ!と言った物が無いからこそ、皆より良いものを求め続けているのです。かつての広末は、剥きたて茹で卵肌と言われて大人気でした。美容室に行く様にエステに行って、お肌を磨く事も男女関係なくやっています。

綺麗になりたい=美肌と言っても過言で無いほど、お肌磨きは大切になってきています。よく寝て、コラーゲンなどお肌に良いとされているものを食べて、ストレスはなるべく無くし、程よく運動して汗をかき、正しい洗顔と保湿で美肌を目指しましょう!

水はどのクスリよりも効果的だ

自分は昔ニキビや肌の荒れですっごく困っていた時期がありました。ととのうみすとを辛口評価!購入して使用した効果と私の口コミ!

色々な皮膚科を回っていろんな塗り薬を体験してみましたがなかなか肌が100%綺麗になることがなかったです……

何をしても良くなる様子がなかったので自分でどうにかしようと思いgoogleで沢山の検索などをしました。

数ある検索の中で我々の生活が肌にどんな影響があるのかというものがありました。

イタリアの大学で行われた研究では、一日1L未満の水を飲む人は肌が荒れる可能性が60%まで増加されることが明らかになりました。

あるいは1日で2L以上水を飲む人はニキビや乾燥、肌が荒れることがかなり少ないと言われてます。

それをみてから自分も毎日塗り薬ではなく1L以上の水を飲む事に意識し始めました。

それに皮膚科などからもらっていた塗り薬の使用をやめ、毎晩アロエを肌に塗り始めました。

それを続けてから3ヶ月くらいで今まで以上に肌が良くなりました。

あとは、タバコを吸われる肩も沢山いらっしゃるかと思いますが、タバコも肌にとても害があります。

研究によりますとタバコを長く吸われると、顔色がどんどん悪くなり顔の毛穴などに汚れが溜まりやすくなり、ニキビや肌荒れの原因にもなるそうです。

子育てママの肌事情!

子供が産まれて早1年が過ぎました。

独身時代や新婚時代はそれなりに気を遣ってきたスキンケアも、今や必要最低限に…。そのせいか、目元のたるみや頬のシミが気になって仕方がありません。産後のホルモンバランスのせいもあるのかもしれませんが…。

シルクリスタは効果あり?私の口コミ体験談を辛口評価でお届け!

自分だけにたっぷりお金を使えていた頃は、いわゆるデパコスをラインで揃えて使っていました。そのためかお肌の調子は頗る良く、化粧のりが悪いなんて事はほとんど記憶にありません。それが気の緩みを引き起こしてしまったのか、メイクをしたまま寝ることもしばしばありましたが…(笑)

とにかく若い頃はお肌の悩みなんてほぼ無く、多少の無理もきいていたように思います。

しかし!子供が産まれてからというもの、朝の洗顔もそこそこに一日が始まり、スキンケアと呼べるのは夜の入浴後に安い化粧水と乳液を雑に塗りたくるのみ!オールインワンだとなお楽です(笑)

なんといっても今は子供が優先のため、お風呂あがりにグズってしまえばそれすら後回し…。カピカピの顔のまま子供の世話を済ませて、自分のスキンケアができる頃にはカピカピを通り越してガビガビなんてことも。

それでも、主人が休みの日は子供を任せて1人でゆっくり入浴できることもあります。そんな時は半身浴をしながら、ちょっといいパックをしてみたり。買ったものの継続してつける余裕のなかったシミ消しクリームを、ここぞとばかりに塗り込んでみたりと、悪あがきに勤しんでいます(笑)

もちろん、こんな風に時々あるボーナスタイムのようなスキンケアでは若い頃の肌をキープできるはずもなく…産後気がつけばたるみ、シミが気になってしまうようになりました。

しかしこんな私でも、主人は「いつも綺麗だね」と褒めてくれますし、子供はまだ小さくお喋りもできませんが、シミやたるみで決して綺麗とは言えない私の頬にチューをしてくれたりします。

それだけで、「私は私のままでいいんだ」と思えます。

女性としてずっと綺麗を維持していけるのが1番ですが、自分の生活に合ったスキンケアをこれからも続けていきたいです。

世の中の子育てママ、頑張りましょうね?!!

ずっと悩んでいる私の毛穴事情

ずばり私の悩みは毛穴の黒ずみです。スッピンなんて誰にもお見せすることができないほどです。家族でさえ嫌になります。始まりはきっと小学生の時にニキビをつぶしたり触りすぎてしまったことだと思います。当時母親に触らないようにすごく怒られていました。

レナセルクリアセラム

しかし、気になる私はたくさん触ってしまってました。そのせいなのでしょうか。幼い時から毛穴が気になっていました。高校生になりメイクで隠せるということに気づきました。それ以来外に出るときは鼻の毛穴を隠すためにメイクをするようになりました。そこで毎日しっかりとクレンジングでメイクを落とし切れていたらまだ良かったのですが、落とさずに寝たり、シートでごしごし拭いてしまったりしてました。今考えると肌に悪いことをたくさんしてきたと思ってます。

少しでも改善したいと思い最近は毛穴汚れに特化した洗顔フォームを使うようにしています。触り心地がツルツルでも鏡で見るとまだ黒いです。ウォーターピーリングを使うようにしてるのですがなかなか効果がみられません。SNSで話題になっていたり、口コミが良いスキンケアをしても治りません。サロンに行き治していこうかを本気で考え始めてしまっています。

近い未来流行るはずな肌マスク

今のもっぱらの悩みはおでこに出来ているちりめんじわです。モイスポイントは販売店で市販されている?

これはどうしたら治るのか、もしくはもう治らないのか分かりませんが、お店などでちらっと自分が鏡にうつったのを見てしまった時など現実の自分を知り、知らない間に年をとってしまったんだなとがっかりしてしまったりします。芸能人はいったいどうやって肌を保っているのだろう、知りたい!と思ったりもするのですが、やっぱりお金ということも大いにあるのかもしれないですね。私は普通の人なのでなかなか高い化粧品を使うというのは難しいです。

次に悩んでいるのは顔が赤くなることです。

これはどうしてかというのが分かっています。日光、いわゆる紫外線です。これに1時間当たるともう次の日から私の顔はかゆくて痛くて赤くて、化粧水も乳液もファンデーションもぬれなくなります。はずかしいけれどたどり着いたのが、やけーぬという顔全体を覆うマスクをして外に出ること。実際これで私の肌は春でも夏でも外でも荒れずに保てているから。生地が黒とかだと完全に見た目は強盗です。

だから私は水色のドットとかピンクとかかわいらしい色にしています。そうすると、ああ肌を守ってるんだなって分かってもらえるから。今は人に、どうしてあの人あんなのしてるの?って思われるかもしれないけれど、きっと近い将来、これをする人は増えると思ってる。私はさきどりしてると思ってます!

あの毛穴はどこへ…?!たった『2つ』の簡単な習慣と心構え

『毛穴の黒ずみ』
老若男女問わず、誰もが一度は通る肌悩みではないでしょうか。
私も、小学生のころから10年以上、悩まされていました…。

ところが、たった2つの習慣を身につけただけで、
あの頑固さがまるで嘘のように、スッキリと綺麗になったのです!

それは、
『毛穴ケアをやめる』『肌への負担を極力減らす』の2つです。

1つずつ解説いたしますね。

MELLIFE(メリフ)の3ヶ月間使用効果

1.『毛穴ケアをやめる』
もう少し細かくいうと、
『毛穴に特化したスペシャルケアをやめる』というものです。

剥がすタイプの毛穴パック、スクラブ、ピーリングジェル…。
ついついすがりたくなる『毛穴に効く!』と言われる方法は、
どれもケア直後のお肌はツルツルすべすべで、即効性があるように感じます。

ですが、毛穴がポッカリと開いたままになってしまったり、
次の日には黒ずみがぶり返していたり…。
効果は一時的なもので、根本的な解決にはなりませんでした。

肌の状態に一喜一憂するのに疲れた私。
あるとき、「えーい!」と、毛穴に特化したケアをすべてやめ、
基本的なスキンケアをとにかく地道に行いました。

クレンジングや洗顔などの『落とす』ケアは隅々まで丁寧に。
化粧水はたっぷりと、乳液やクリームなどの油分は適度に。
紫外線対策もぬかりなく。
これを、毎日欠かさず続けました。

2.『肌への負担を極力減らす』
毛穴パックやスクラブ、ピーリングジェルなど、
『物理的な刺激を与えるケア』を一切やめました。

やめた理由は『スペシャルケアの度に一喜一憂したくない』というものでしたが、
結果的には、肌への負担が大きく減ったことが、
毛穴が大きく改善した要因の一つだったように思います。

物理的な刺激を排除したことに加え、
使っているスキンケア用品の肌への優しさや、
私自身のスキンケアのテクニックも見直しました。

クレンジングは、オイルや拭き取りから、ミルクやクリームへ。
洗顔は、泡をコロコロと『転がす』のではなく、ふわふわと『押し当てる』洗いかたへ。
化粧水や乳液は、余分なものが入っていない無添加・低刺激のものへ。
もちろん、ついやってしまいがちな
毛穴の角栓を抜き取るような行為もご法度!

変化を感じ始めたのは、1ヵ月程経ったころです。

見るからに鼻の黒ずみ毛穴の一つ一つが小さくなったこと。
小鼻の両頬の毛穴が目立たなくなってきたこと。
ベースメイクの毛穴落ちが気にならなくなったこと。
指先で小鼻のザラつきを感じることがなくなったこと。

これらの変化に気づいてからは、
即効性を求めたケアよりも、基本を押さえたケアの重要性に気づき、
鏡を見て肌の状態に一喜一憂することがなくなりました。

ただ、お気づきの通り、これらのケア…
即効性に欠けるんです。もう、根気よく続けるしかない。
私も、何度も挫折しそうになりました。

「毛穴パックで角栓を一掃してやりたい…!」
「スクラブ後のツルツル感、味わいたい…!」
「ピーリングジェルで顔全体の角質をさっぱり取り除いてやりたい…!」

なかなかいなくならない顔の真ん中のいちごを見るたびに、
そう思っていました。

そんなときに、私が自分に言い聞かせていたのは…

「はい、もう見ない!気にしなーい!」

少々強引に思えるかもしれませんが、
意外とこれが、効くんです。笑

だって、毛穴だけが肌じゃない。
綺麗にキメが整った頬だって、内側から発行するようなツヤがある額だって、
私のお肌の一部。
トラブルの目立つ部分だけを基準にスキンケアをするのは、もったいないと思うんです。

現実を見過ぎず、気負わず、やるべきことを淡々とやる。
これもまた、『一喜一憂したくない』という思いから生まれた心構えではありましたが、
これくらいの気楽さだったから、ケアを続けられたのかもしれません。

以上が、私が頑固な毛穴を改善できた方法です。
もちろん、肌質は人それぞれだし、
スキンケアにどこまで力を注げるかも個人差があると思います。
でも、肌トラブルに直面したら、まずは
「基本は大丈夫かな?」と振り返ってみてほしいです。
ゆっくりとでも、お肌は必ず応えてくれますよ。

焦らず、気負わず、落ち込まず、続けていきましょう♪

20代前半なのに

もともと肌は生まれつきあるほくろ以外何もないようなつるっとした肌で、よく人に褒められていました。しかし19歳の夏第一子を妊娠中に、頬の高い位置に少し大きめのシミが一つできました。「妊娠中は紫外線の影響を受けやすいよ」と聞いていたので、これくらいはと思うようにしていたのですが、22歳第二子を妊娠しぽつぽつといくつもシミができました。

効果あり?ビューティーオープナージェルを購入して使用した私の口コミ!

親の遺伝なのか、私は粉瘤というできもののようなものが時々できるのですが、そんなに目立つものではなく今まで気にも留めていなかったのに、妊娠中は頬にできてしまいました。それは痛みも伴うもので出産したらすぐに取りに行くつもりが、分娩時に自然と取れました。しかしラッキーと思ったのもつかの間。今度は取れた跡がこれまたシミとなってしまったのです。

まだ23歳なのにお肌がシミだらけで本当に困っています。レーザーで取るにも決して安い値段ではないし、かと言って今飲んでいるサプリも美容液も効きません。効くどころかサプリの影響で白髪が増えてしまいました。このままではどんどん老けていくばかり。もう諦めて頑張ってお金を貯め、潔くレーザーを当てに行くべきなのかもしれません。

またあの頃のみんなに褒められていた肌に戻りたいです。

私のお肌の悩みは、ぽつぽつ吹き出物ができてしまうことです。

私のお肌の悩みは、ぽつぽつ毎日のように吹き出物ができてしまっていることです。http://www.ueno-unso.jp/

これは多分ストレスだと思っています。特に私がぽつぽつと吹き出物ができやすいところは、唇の下周辺です。結構これは嫌で嫌で仕方がないのですが、やっぱりそれなりというかやっぱりいろいろと辛いなと思うことが多いです。なんとなく気持ち的にいい気持がしないのでどうしたらいいのかなということを感じてしまいます。

ポツポツは今のところマスクで隠れているから別に大丈夫ですが、これから先マスクを取り外したときにとてもつらくなるかなということを感じています。なんとなく今の状態があまりいい気持がしないで乗り気がしませんのでやっぱりそれなりに大変なのかなということを感じますし、なんだか今の状態でポツポツが出ている原因って一番の原因ってやっぱり育児なのかなということを感じています。

私はこの先も育児でこんなにつらい思いをしなければならないのかと思うととてもつらいです。でも自分が望んで産んだ子供なのでしっかりと責任を持たなければなりませんし、やっぱりそれなりにいろいろとやっていく必要があると思っています。私はこれからもいろいろなことに対して耐久性をもう少しつけたいと思います。

年齢による肌質の変化の悩み

現在30代前半です。
年齢による体の変化として20代後半から食事制限による体重減量がまったく効果なくなり、時折ストレス発散にする暴飲暴食が胃もたれや体調不良として現れたりと徐々に加齢変化を感じていました。肌質の変化は30歳過ぎてから急速に表れるようになり、しかも対処が出来ず悪化させることもしばしば。

http://wakita4129.jp/

いままで食べ過ぎによるニキビ発生など、原因に思うところがある現象でしたが最近はホルモンバランスの変化でもみあげ部分に痛みやしこりを伴うニキビ(吹き出物)が発生するようになりました。最初、このもみあげに出来たニキビを偶然だと思っていました。普段のニキビだったら白いうみを出すと徐々に治ってくるのが通常でしたが、うみが出てくる気配も無く、ニキビ用の治療クリームを毎日丁寧に塗っても治るどころか悪化する始末。

もしかしてニキビじゃないのかとネットで調べると顔に出来る吹き出物の中にはニキビの治療クリームで悪化するものもあるとの記載。
あわてて使用を中止しました。
結局自然治癒で2週間。やっと収まりましたが、合わない治療のせいか、しこりが出来るほどひどいものだったのかもみあげに色素沈着として跡が残る結果に。
しかも生理周期にあわせて忘れた頃にまた発生してしまいます。毎月発生するせいか、もみあげから頬にかけて複数に色素沈着が残る結果に・・・

現在は妊娠による影響なのか、なぜかもみあげニキビは発生しなくなりました。
今は出来てしまった色素沈着を和らげるためにホワイトクリームも日々塗り込んでいます。
出産後またこのニキビに襲われるのかと思うと恐怖です。

マスク生活で肌荒れに悩む

マスク生活が日常となった今、自宅から一歩出るだけでもマスクが欠かせない毎日になりましたよね。ただでさえ暑い真夏の炎天下でも、乾燥や刺激がいつも以上に気になる真冬も常にマスク。肌に何かが触れていたり、顔を覆われるのが苦手な私は参ってしまいそう。

http://www.festivalcinemadarte.com/

外出時は仕事中ももちろんマスク着用だから、必然的にメイクをした肌の上からマスクで覆う状態。そのせいなのか、ただ単にマスク生活へのストレスからなのか、マスクを外すと肌荒れやニキビがよくできるようになってしまいました。もともと敏感肌でもなく、あまり肌荒れする方ではなかったから大ショックです。

マスクを外す度に荒れていないか、新しいニキビができていないかチェックするのがすっかり日課に。頬骨の一番高い部分や顎周り、おでこ全体が以前に比べてよく荒れてしまいます。洗顔料や基礎化粧品を変えてみたり、肌荒れに効くパックを試したり。メイクも極力毛穴を塞いで肌に負担をかけないよう、下地クリームとルースパウダーで仕上げても、マスクの下はすぐテカテカになってしまいため息。

アラサーという年齢も肌トラブルに関係しているかもしれませんが、慢性化してしまったマスクの下の荒れやすい肌…どうすれば改善されるのか、もうしばらく解決策を探すのに時間がかかりそうです。

おうち時間での丁寧なスキンケア

社会人5年目、営業職でお仕事を行っております。
元から、乾燥肌で化粧ノリが悪く、生理前になると赤ニキビができたりとあまり肌には自信がありません。

http://www.prestigeresortphangan.com/

その中で、新型コロナウイルスからマスク生活に、、、営業のお仕事ではありますので、緊急事態宣言が出てからは通常出社に戻り、毎日のように化粧してマスクを1日中付けているので肌荒れがひどいです。

いつもは薬局に売っているコスパが良い化粧水、乳液等を使用してまいたが、このままでは良くないと思い、ハイブランドの化粧水、乳液、また美白美容液も購入し、朝とお風呂上がり、今までよりも念入りにスキンケアを行ってますが、なかなかニキビ痕も消えず、悩んでます。金額を高くしたところですぐ効果が出るものではないので日々諦めずに肌が綺麗になりますようにと願いを込めて、スキンケアをゆっくり丁寧に時間をかけて行っています。

また、皮膚科で今の悩みを相談し、飲み薬(漢方薬)を処方していただいてるので、朝昼晩ご飯前に飲んでいます。
早く、ニキビ痕をなくして、化粧ノリも良く、このようなご時世で肌荒れ気になる方多いかと思われます。
しかし、おうち時間が増えている今だからこそ、スキンケアを通常よりも丁寧に行って、肌改善皆さんでがんばりましょう!

乾燥肌と油分と精神のバランス

小さい頃から色が白く、キレイな肌をしていました。効果あり?モイスポイントの口コミ評価や一番お得な通販サイト情報を暴露します!

しかし、食生活やストレス、思春期などにはすぐお肌トラブルが起きました。

また、高校生になった頃からと思いますが、季節の変わり目にもお肌の質が変わっていくのがわかるようななりました。

しょっちゅう悩まされていたのが、ニキビと乾燥です。化粧品は無添加のものを今でもずーっと使っていますが、季節の変わり目には、少し油分を多くするとすぐにニキビが出てしまい、返って秋冬の乾燥する時期に油分を夏と同じ量を使用していると、今度は皮膚がカサカサし、粉を吹くほど乾燥してしまいます。

毎年この繰り返しでしたが、ある程度年齢を重ねてきて、これくらいの油分がちょうど良い、という適量がだんだんわかるようになりました。

また、油分をつけすぎたなと思う時もありますが、取り返しは簡単につくことはわかっているので、一喜一憂せずに、毎日お肌をケアするように心がけています。

しかし数年前、あるとき突然、皮膚炎になったかのような赤いブツブツが顔全体に広がりました。急いで皮膚科にかかりましたが、処方薬を塗ってもほとんど治らず、外に出るのも嫌になる程落ち込むことほぼ一年。

その頃、かなりストレスのかかる仕事にかかっており、それがなくなると、何事もなかったように肌は元通りになりました。

皮膚だけでなく、メンタルも多大にケアしなければお肌の健康は手に入れられないと痛感した出来事でした。

老けて見えることの実害

私は人より老けて見える。

このことで人生において随分損をしている。

35を超えると特にそう思う。

まず職場。

自分より年下の人の方がとっつきやすいし、仕事も教えてあげようと思う。

若い人が失敗しても若いから仕方がないかと思える。

見るからにおばさんでフレッシュさがない人が失敗をすると「経験をつんでいるはずなのに」と人は腹が立つものなのだ。

子どもの幼稚園のママさん同士の間でも、若くてかわいらしいお母さんのほうがみんな友達になりたいと思うだろう。

老けた、上に何人も子どもがいそうなお母さんは近づきにくいかもしれない。

ビマジオ

自分の何が老けているんだろうと考える。

まずは、たるみ。

もう肌が生き生きとしていない。

不健康そうにくすんでいるし、目の上の瞼も重いし、二重が崩れて三重になっている。

ほうれいせんは笑うとクッキリ出る。

たるみとか、くすみとか。

化粧品でどうにかなる気がしない。

美容整形の方が手っ取り早いんじゃないかと思うが、そこまでする思い切りもお金もない。

仕方がないので、ため息をつきながらドラッグストアで買ったそこまで高くはない美容液やパックを購入して、半ば仕方なしに義務のように毎日つけている。

「ワントーン上がりました」それって本当?

「私はワントーン上がりましたよ」

この言葉よく見かけませんか?

それって本当なんですか?

「私、地黒なんです」

それって本当ですか?

こういう口コミやインスタグラムの投稿をよく見ます。

ビフォーアフターの写真付きで、ボディクリームや美容液を塗ったら

ワントーン上がったことが投稿されています。

私は地黒で乾燥肌です。

http://www.loyzenergy.com/

上記のような投稿を見ると、ビフォーの写真がそもそも

全然地黒じゃないじゃんって思います。

肌のくすみは摩擦が主な原因といいますが

私は摩擦がおきないようなところも真っ黒です。

毛穴やくすみなど、ほとんどの肌トラブルは乾燥や摩擦からくるといいますが

私は何年も必死に体も顔も保湿をしていますが、ほとんど改善されません。

そして世の中には、顔の美容液や美顔器などが数えきれない程ころがっています。

体は?体の肌を改善するための物は何かないの?

こう思うのは私だけでしょうか?

ボディークリームだけでは限界があります。

お風呂の中に機械と美容液を入れて、浴槽のお湯自体を美容液にするというものを見たことがあります。

そういった物を、もっとたくさんの会社から発売されると嬉しいです。

そして、美容に関するものって何かと高額です。

もう少し購入しやすい価格だと助かりますよね。

おでこのしわと鼻下のにきび

もともと肌が弱く、肌の弱い人用の化粧水を使ってもひりひりするときがあった。乾燥肌ではあるが、だからといってぺたぺたクリームを塗るとにきびができてしまう。それでもなんとか自分の肌にあった化粧水や美容液を使ってはいるものの、今もおでこのしわや季節の変わり目や夏には鼻下ににきびができてしまう。まずにきびについてである。にきびは一回なおってもすぐまた同じところや近いところにできてしまう。

チェルラーブリリオ

マスクをするとにきびができる頻度も増える。生活リズムや食生活が乱れているとここににきびができやすいと聞いたので、気を付けてはいるが、それでもできてしまう。何か対策はあるだろうか。次にしわについてである。現在使っている化粧水等は、しわをなくすということを謳っているもので価格もお高めであるが、目を大きく開けたりするとすぐにおでこにしわができる。肌が弱いこともあり、なかなか新しい別の商品を試してみる勇気がでないでいるが、敏感肌でも問題なく使用でき、しわを改善できるものがあれぱ知りたいと思っている。

子育て中で前髪が邪魔になるので、あげていることが多い。そうなるとしわも目立つ。多少目をおおきく開けたくらいではしわができないように、何か方法があれば教えてほしい。

乾燥によるシワが怖くて仕方ありません!

寒さが厳しい季節を迎えたことに伴って、以前とは比べ物にならないほどお肌の乾燥が心配になってきました。というのも、私はどちらかといえば、30代の間は脂性肌であったので、そこまで保湿などをしなくても、そこそこお肌にみずみずしさと潤いを保てていたからです。http://www.bikecontrol-cycling.com/

ですが、四十路を迎えてからというもの、びっくりするくらいに肌体質が激変してしまい、洗顔後にもすぐに化粧水などスキンケアアイテムを使わなければ、シワになってしまうんじゃないかといった不安を覚えるようになりました。特に、怖いのがほうれい線と目の下のシワ、それに目尻の小じわで、必要以上にクリームや美容液をたっぷり塗布するのが、ほぼ毎日のルーティンになっています。

だからといって、決して出来てしまったちりめんジワが改善されることもありませんし、もしも油断してしまった日にはもっと深くて取り返しがつかないようなシワが出来てしまうのではないかと、日々、戦々恐々としているのが現在の私の置かれた状況です。

ヒアルロン酸を注射してもらうなどプチ美容整形も視野には入れているのですが、なかなか勇気がでなくて、逡巡しているのが現状だと言えます。サプリや化粧品でごまかしていくのもそのうち難しくなってしまいそうで、怖くて仕方ありません。